お客様の声

老後の「安心」が手に入る場所。

昭和6年生まれのMさんは、平成15年にご主人を亡くされ、市内のマンションで一人暮らしをされていました。そんな中、心臓病になり入院、そして手術。退院を前に、今後の暮らし方を考え、体験入居を経て、自宅に戻ることなく『シニアあしたば』に入居されました。現在は、趣味の「謡」やフィットネスなど、元気な80代ライフを謳歌されています。そんなMさんに、『シニアあしたば』の住み心地をうかがいました。

「ご飯の支度から何から…自分一人でやるのは面倒だな。」

退院の目処がたったとき、Mさんの脳裏にまず浮かんだのは、家事の煩わしさでした。
『シニアあしたば』のことは、以前からご存知だったというMさんは、早速電話で体験入居を申し込みました。

「あまりにも居心地がよくてね、
そのままずっと居させてもらっているの。
一人娘も近くにいるけど、うちの親子は互いに自由。
自立しているから、迷わず入居を決めました。」

とMさん。マンションは、大学に通う甥御さんのお子様が住むことになり、家財はそのままに、必要な物だけ居室に運び込むという、身軽なお引越しとなりました。

現在は、朝6時に起床し、テレビ体操でカラダを目覚めさせたら、7時には食堂へ降りて朝食。その後テレビでいろんなニュースを仕入れ、10時から坪庭を眺めながら、檜のお風呂で入浴タイム。

「一人ずつ、お風呂のお湯を入れ替えてくれるから、
とっても気持ちがいいの。」

と、Mさんは毎日の個浴を楽しみにしているそうです。

image

写真はイメージです。

メインダイニング
料理例

「とにかく食事が素晴らしいんです。腕のいい料理人が揃っているのね。
どんな食材も美味しく調理してくれて、食事制限のある人には塩分を控えてくれたり、苦手なものを外してくれたり、一人一人に合わせてくれるのが嬉しいですね。
また、食堂にいると料理人が席まで来て話しをしてくれることも。
そんな交流があるのもありがたいわね。」

と話すMさんは、あまりの美味しさに、入居以来食事を残したことはないそうです。

大満足の昼食を終えたら、午後は趣味の時間。数十年続けている「謡」の練習をしたり、館内にあるフィットネスルームでの自転車こぎと腕・足の筋トレは無欠席を続けているそうです。東京からみえる「謡」の先生のレッスンなど、月に数回外出する時は、タクシーで仲間の元へ。お仲間を招き、サブリビングでお稽古をすることもあるそうです。

「お稽古に出かけるにも、歩いて街までお買い物に行くにも、とても便利な場所なの。」

とMさん。快適さが気に入って、入居したお友だちもいるそうです。

若いうちに準備して、早く入居して、ここから仕事に通うのもいいと思うわ。
そして退職したら、自分の時間を謳歌して、
自立が難しくなってきたら、
介護保険を使ってデイサービスに通ってもいい。
気兼ねせず、自分らしく暮らせる環境に、とても満足しています。」

現在はとてもお元気なMさんですが、将来のことを考えることもあるとか。

「発作を起こして入院しても、今はすぐ病院を出されちゃう。
でも、いざとなったら『ナーシングホームあしたば2号館・1号間』へ
住み替えができるから安心。
本音をいうと、そこまで行かないうちに天国に行きたいわ。」

といたずらっぽく笑われました。そして最後に、

「『シニアあしたば』は、年をとってからの安心が手に入る場所。
入居には資金も要りますが、若い方たちも将来計画を立てて準備して、
快適な老後を過ごして欲しいですね。」

とのアドバイスをいただきました。